ほくろを消して綺麗になろう【除去をした痕も残らない】

レーザー治療が人気です

看護師

人気の理由

美容外科では身体に出来たほくろを除去することが出来ますが、意外とどのような施術か知らない人は多いものです。まず、ほくろについていくつか知っておいて欲しいのですが、先天性と後天性があるんですよ。後天性というと経験がある人は多いでしょうが、いつの間にか出来ているということがありますよね。この後天性は紫外線によるものであることが多く、酷いときには皮膚がんになるので注意が必要です。除去をする方法ですが、人気が高いのがレーザー法というもので、短時間で終わりますし痛みが少ないのがメリットですね。また、レーザー法は周辺の皮膚を傷つけませんし、除去をした痕も残らないので顔などには向いています。痕が残らないといっても施術後の数ヶ月間はわずかな赤みが残ることはありますが、目立つものではありません。この赤みは新しい皮膚組織に生まれ変わるまでの間にかゆみも引き起こします。かゆみが出ても掻いたりせずに、冷やしたりしてそっとしておくことが大切ですよ。たまにたくさんのほくろが集中していることがあるのですが、その場合には赤みの範囲が広くなって目立つことはあります。一度にたくさん除去をするよりも、数回に分けて時間を掛けると目立つことなく進めることが出来ます。ここで注意してほしいことが、深いほくろは除去をした所がへこんだようになってしまうことがあることですね。ちなみにレーザー法ではほくろの大きさによって施術に掛かる時間が変わりますが、入院を必要とすることはありません。痛みが怖いというときには局所麻酔を使うことも出来ます。ほくろを除去するときの方法で利用者が多くておすすめなのが炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーを使うときには局所麻酔をかけますので、痛みはほとんどありませんので、子供にも人気があります。また、メスで切除するよりも傷跡が小さいので痕が残りにくくて、治るのも早いというメリットがあります。炭酸ガスレーザーの仕組みなのですが、レーザーを照射された部分の皮膚組織がレーザーのエネルギーを吸収します。このときに蒸発が起こるために、皮膚組織にあるほくろが除去されます。炭酸ガスレーザーの治療に掛かる時間はほくろの大きさによりますが10分から30分程度になります。入院は必要ないので、当日に帰宅出来ますが、洗顔やシャワーは可能ですので安心してください。女性であれば、メイクが出来るかどうかが一番気にあるようですが、患部は1週間程度メイクが出来ません。ただし、専用のコンシーラーを使えば当日からでもメイクをすることが出来ます。ほくろの除去を美容外科でやってもらうときに注意したいのが、アフターケアがしっかりしていることです。施術後の診察や検査もやってくれるクリニックもありますので、そういうクリニックは安心して利用出来ます。また、料金の支払いについてもどんな方法があるのか確認しておくと良いですよ。現金だけしか使えないと思われがちですが、クレジットカード払いやメディカルローンも利用出来るクリニックもあります。営業時間も夜遅くまでやっているクリニックであれば、仕事帰りなどでも通院するのが楽でおすすめです。

顔に触れる女性

気になる部分

ほくろ除去を行う際には、クリニック選びが大切です。本当にほくろなのかどうか、悪性のものではないかという確認も行ってくれるクリニックだと安心をすることができます。切除方法もレーザーが主流ですが、施術方法も確認しておくとよいでしょう。

カウンセリング

目立つものを消すには

ほくろの除去をしたい場合は、保険治療を考えるのではなく、美容系のクリニックでおこなわれる完璧な施術を利用しましょう。種類や特長によって施術費用が異なりますので、気になるのなら、カウンセリングで診てもらいましょう。

女性

気になる所を綺麗にする

ほくろ除去は、確実にほくろを取り除く為也、目立つ場所に出来た物を取り除く為に活用されています。施術は予約してからカウンセリングを受け、実際に施術が行われた傷のケアの説明や必要に応じて数日後抜糸がなされます。

Copyright© 2018 ほくろを消して綺麗になろう【除去をした痕も残らない】 All Rights Reserved.